2014年05月28日

GROOVE COLLECTIVE 宇山寛人&瀬川達也

ご無沙汰してます。今日は、GROOVE COLLECTIVE(以下 グルコレ)の周年パーティーを紹介させて頂きます。2013年3月より開始したグルコレもあっという間に1年が過ぎました。いつも遊びにきてくれてる皆さん本当にありがとうございます。LOVE JAMAICANを会場に第5週土曜日をレギュラーパーティーとして開始したこのイベントは、今回で6回目を迎えます。これまで、ゲストにはGROOVEMAN SPOT、Dj MITSU THE BETS、DJ KIYO、DJ RYOWという日本を代表する素晴らしいアーティストが参加して下さりイベントを盛り上げてくれてました。そして、1周年を迎えるべき今回のパーティーのスペシャルゲストには、今は亡きNUJABESが主宰するhydeout productionsで右腕として活躍してきたUYAMA HIROTOとSEGAWA TATSUYAがroph recordingsを立ち上げ5年ぶりに帰ってきます。5年前、高知の旧B CAFE ALLで行われたUYAMAさんのLIVEは衝撃で忘れれません。盟友NUJABESとの別れ、日本を揺るがす大災害、そして新たな命の誕生と人生の岐路とも言える数々の出来事の中で、今に至るまでの心境の変化によってより輪郭を増したUYAMAさんのステージは本当に素晴らしい内容になっているはずです。「Music is the mediator between the spiritual and the sensual life.」音楽の楽しみ方は人それぞれ違いますが、この日を通じて心に残る音楽が一人でも多くの方に伝わればと思います。

uyama.jpg

834505_2071313609_18large.jpg

GROOVE COLLECTIVE
-ANNIVERSARY PARTY-
2014.5.31(sat)
open:21:30-
ticket:2000yen(限定120枚)
door:3000yen
at:Love Jamaican(高知)
Special guest Live:Uyama hiroto(roph recordings)
Special guest dj:segawa tatsuya(roph recordings)
dj:suneo.tomoharu.zin.ron.debug.kooni.kat
live:worm.
MC:FIELD From LifeLine
【問合せについて】
info:suneo0914@yahoo.co.jp

【チケット取扱店舗】
Odd Mix【オドミックス】
住所:高知県高知市帯屋町1−14−18 2F
営業時間:11:00〜19:00(最終受付)
定休日:定休日, 月曜・第3火曜
電話番号:088-873-8468

LOVE JAMAICAN
住所:高知県高知市追手筋1-9-1 ユリアビルB1F
営業時間:23:00 〜 7:00頃
電話番号:080-5516-0003(夜間のみ)

Uyama hiroto(roph recordings)
ジャズギタリストでもあった叔父の影響で、幼少の頃から音楽に慣れ親しむ。2003年に「Metaphorical Music/ nujabes」に収録された”Letter From Yokosuka”をきっかけに2005年リリースの「Modal Soul / nujabes」をはじめ、数多くのnujabes作品に携わってきた。

2006年リリースの「2nd Collection / hydeout productions」には、ジャンルの壁を飛び越えた
ジャズワルツ”waltz for life will born”を発表。2008年にはファーストアルバム「A Son Of The Sun」をリリースし大きな反響を得た。

2010年のnujabesの他界後、追悼曲でもある”homeward journey”を発表し、追悼アルバム「modal soul classics II dedicated to nujabes」にも収録された。またSquare Enix企画のゲームサントラ「Chill SQ」に”Theme of Love (Final Fantasy VI)”の提供等も行う。

またnujabesの遺作としてのこされた楽曲の制作にも深く携わり、2011年には「出会い」をテーマとした”Luv (sic) Part 4″と制作途中だったnujabesの3rd album「Spiritual State / nujabes」に制作、アーティストとして参加。また翌12年には「死」をテーマにした”Luv (sic) Part 5″、さらに翌年にはシリーズの完結である”Luv (sic) Grand Finale “を完成させ、自身のリミックスである”Part 6″も同時にリリースを行った。”Part 6″はMVの公開も行われた。

一連の遺作の制作を一段落させ、現在は自身の2枚目となるアルバムを製作中である。

segawa tatsuya(roph recordings)
湘南の海とサーフィン、そして音楽へ並ならぬ愛情を注ぎ続ける男、Segawa Tatsuya。hydeout productionsのツアー・ライブDJを担当しながら、横浜Brideでのレギュラーイベント”Clean Up”をはじめ様々なイベントでDJプレイ、またビートメイキングも並行して行い、幅広く活躍中。生前のNujabesとも気心知れた間柄で音楽活動以外にも一緒にサーフィンをしたりと同じ時間を共有してきた。まるで湘南の波を自由に乗りこなすかのように、ダイナミックかつ温かみのあるドラム・ビートに乗せて、浮遊感溢れるメロウネスを解き放つ、実に彼らしい音世界に耳を傾けてみてください。


Uyama Hiroto - Homeward Journey


Love theme from Spartacus Live@Enoshima 2011. Aug. 6th (Tribute to Nujabes)



Segawa Tatsuya feat. Uyama Hiroto - Silent of SEMINYAK

posted by musiq lovers at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。